吊り金具の取り付け方


FABCOのファブリックパネルやアートパネルには、

壁掛け用の吊り金具が付属しています。

(現在は、付属品を三角吊り金具からヒートン金具に変更しました。→コチラ

 

ここでは、この金具を使ってパネルを壁にかける方法を説明します。

 

<付属しているもの>

・三角吊り金具 ×2本

・ネジ ×2本

・紐 ×1本

 

<用意するもの>

・ドライバー(先が細めのもの)

・キリなど穴をあけるもの(なくてもOK)

・押しピンなど

 

dsc_4554

付属している部品たち。

ドライバーはご用意ください。

 

dsc_4555

金具を取り付ける位置に下穴を開ける。

位置はパネルの内側で、上から3分の1くらいの高さが最適です。

 

dsc_4556

金具のネジ穴とパネルの下穴を合わせて、ネジで止めます。

ネジが小さいので止めにくいかもしれませんが、

固い場合は、ある程度入っていれば最後まできっちり閉めなくても大丈夫です。

左右両側ともつけてください。

 

dsc_4557

取り付けた金具に、紐を結びます。

片方ずつ結びつけ、長い場合は余分を切ってもOKです。

滑りやすいので2度結んで緩まないようにしてください。

dsc_4560

これぐらいが目安です。

長すぎると、壁にかけた際に紐がパネルの上枠に当たったり

パネルが壁より前にぶらさがったりします。

また短すぎて紐が張っていると、斜めに傾きやすくなります。

 

dsc_4558

壁掛け用の押しピンを用意してください。

壁の種類によって、ネジや金具、両面テープのフックなど選んでください。

 

賃貸マンションなどでなるべくキズを目立たなくするには

「ニンジャピン」や、無印良品の「針が細い画鋲」をオススメしています。

 

dsc_4561

見えにくいですが、横からのぞきこんで

紐が押しピンに引っかかるようにかけてください。

dsc_4563

角度を調整して、完成です(^з^)-☆