FABCOの品質

椅子張り30年の品質

tacker_stool

FABCOのファブリックパネルのベースとなる木製パネルは、カリモクや天童木工などの国産家具が全盛だった70年代から、それらのスツールやテーブルを販売し、長く使っていただくために椅子のファブリックの張り替えを行ってきた職人(先代)が、製作しています。

sendai

昭和の”日本”をつくってきた職人ならではの、家具やインテリアにかける想いや、愛情が、ひとつひとつの製品にあふれています。

「こころ」をこめて作品に仕上げる

tacker_panel

ファブリックを張ること自体は、そんなに難しい作業ではありません。しかしファブリックは表情があり、パネルにはキャンバスとしての決まったサイズがあります。

 

編み方、織り方の方向や並びを見極め、テキスタイルごとに違っている風合いや味わいを活かすため、カッティング、向きの微調整、テンションのかけ方にこだわっています。

 

仕上がりに納得いかない場合には、何度も張り直すこともあります。

 stores

軽さと安心感のバランス

パネルフレームは、普段表に出る部分ではありませんが、天然木と合板を使い、木の風合いを大切にしています。


 

サイズにもよりますが、パネル枠には軽さと香りを重視して、基本的にヒノキもしくは松材を用いています。
狂いが少ないように十分に乾燥した材を選び、パネル板には薄くて軽い合板を採用。

 

フレームだけの中空のパネルに比べて、安定感があり、薄手の生地の場合も本来の色味が伝わります。