ファブリックパネルの使い方


 

ファブリックパネルってどうやって使うの?

 

最近はインテリア雑貨店でも人気アイテムとなってきた感のある「ファブリックパネル」ですが、

まだまだ知らない人も多いです。

 

dsc_4688

 

FABCOは「ファブリックパネル専門店」と言ってもピンと来ない方も多く、

模様などがデザインされた布をパネルに貼ったものと説明すると

イメージを理解してもらえるようです。

 

ですが、やっぱり腑に落ちない様子で、

「何に使うの?それ。」と聞かれることも多いですね。

 

 

ファブリックパネルは、いわゆる「壁掛け」としてのインテリアアイテム用途がもともとの目的です。

 

額縁やキャンバスに描かれた絵画のように、ファブリックのデザインそのものを楽しむものです。

 

シンプルなパターンのテキスタイルや壁紙が発達した、北欧などで生まれたもので、

壁紙や大きなテキスタイルで部屋全体をコーディネートするのではなく

パネルとして壁に置くことで、インパクトのあるアクセントとして

空間をデザインする役割を持っています。

 

他には、ローボードやスツールに立てかけておいたり、本棚の中に飾ったりするのが

オシャレな使い方としてオススメです。

 

購入された方からの声ですが、

鍵をかけるためのフックと組み合わせて素敵なキーハンガーにしたり、

小物を置くシェルフの奥に置いて背景のように使ったり、というような応用もアイデア次第です。

 

 

壁紙のように、一度貼ったらなかなか変更できないものとは違って、

いつでも気分に合わせて簡単に模様替えができるのが、ファブリックパネルの一番のメリットです。

 

ぜひカラーの組み合わせや、季節ごとのデザインで、使い分けてみてください。